Search this site
わが子を見るたびに“神様ありがとう!”と思うのです。本当に幸せな気分にさせてくれます。
娘そして家族との、平凡だけど幸せな日々を綴っています。
<< 子供用のマスク | TOP | こどものこころ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
大地震
 昨日の14時46分ごろ、宮城県や岩手県などの東北地方で大きな地震が発生しました。

マグニチュード8.8のかなり大きな地震。。

私の住む関東地方もかなりの揺れがありました。

今までに経験したことのない揺れです。思わず家の中にはいられず、娘と共にとっさに外に出ました。

家の前には広場があって、建物が倒れてきた時にも被害を受けないようにとなるべく中央のほうに避

難しました。幸いなことにこちらは震度5弱の揺れで、棚の置物が何点か落ちたり庭の植木鉢が割れ

る程度の被害で済みました。

それにしても地面が大きく揺れ、駐車している車も左右に揺れ、しまいには立っていられないような状

態になりました。なんだか貧血でも起こして、自分自身が揺れているような錯覚を起こします。

近所の人は、こんなに揺れているのに外に出てくる様子があまり見られませんでした。

とっさに外に出る事が、一概に良いことではないとは思うのですが、怖くて家の中にいる事が出来な

い感じでした。

家族は皆無事でしたが、仕事で横浜方面に行っていた夫は、渋滞に阻まれて帰宅難民状態になって

しまいました。

通常であれば15分で行ける距離に4時間かけなければ辿り着けない状態だったそうです。

横浜を14時半に出て、自宅に着いたのが次の日の8時半です。途中30分ほど仮眠をとったそうです

が、約18時間かけてやっと帰宅できたという事です。

途中、お腹がすいてしまって、コンビに寄ったはいいけれど、すでに商品はほとんどが売り切れ状

態。。。かろうじてカップラーメンが少し残っていたそうで、それを買いましたが、今度はお箸もないとい

う事で、フォークを使って食べたという事です。

今回は直下型の地震ではないのに、これだけ混乱してしまうのですから、東京大地震がやってきたら

本当に恐ろしい事態になるのではないかと不安になります。

東北地方の被害はかなり悲惨な様子ですが、救助を待っている人々が一刻も早く救出される事を願

ってやみません。

アメリカにいる姉家族にも心配をさせてしまいました。

電話が通じたので無事を知らせる事が出来ました。

余震がいまだに続いているので、しばらくは警戒しながらの生活になりそうです。
posted by えっちゃん | 10:34 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 10:34 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://t-ecchan.jugem.jp/trackback/47
トラックバック