Search this site
わが子を見るたびに“神様ありがとう!”と思うのです。本当に幸せな気分にさせてくれます。
娘そして家族との、平凡だけど幸せな日々を綴っています。
<< 秋のスウィーツ | TOP | 日帰り旅行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
貧乏の知恵
 もうすでに察していただけているとは思うのですが、我が家はとにかく節約好き。。。と言うか、貧乏なのです。収入は限られているわけで、貯金をするには節約しかないのですが、そこでフルに発揮されるのが貧乏人ならではの知恵なのです。

我が家では何でも物を買う前に、どうにか低予算で手作りが出来ないか?と考えます。その代表的なものが前もちょっと紹介しましたが、主人のDIYなのです。

これまでにも本当にたくさんの物を作って来たのですが、ここ最近作ったものを、今回は何点か紹介したいと思います。

まずは、我が家の外壁にあいているアーチ型の小窓。ベランダの脇にあるものでガラスや扉は付いていません。当初はこのままでいいと思っていたのですが、主人の考えで鎧戸をつけたら可愛いという事になったわけです。




下の写真が、出来上がるまでの簡単な過程です。

(写真1)

(写真2)                    (写真3)
扉本体を作っている写真がないのですが、(写真3)が本体の出来上がりです。その後にアイアンの飾り〈専門的な名前が分かりませんが〉を取り付けたかったのですが、購入するととても高くて手が出ないため、ホームセンターでブリキ〈屋根の材料〉をみつけて代用する事に。。。
〈写真1〉がその材料です。
ブリキを好みの形に切り、ロートアイアンのような風合いを出すためにカナズチで叩きます。最後に艶消しのペンキ(黒)を塗り、さらに立体感を出していきます〈写真2〉。


〈写真4〉                      〈写真5〉
飾りが出来たら扉を木目を生かしたステイン(ウォールナット)で塗り、なんちゃってアイアンをビスで取り付けます〈写真4〉。
ビスの頭を黒のペンキで塗りつぶします〈写真5〉。


最後に、壊れてつかわれなくなったトイレットペーパーのホルダーの一部を再利用して、
取っ手風?のアイアンを付けて出来上がりです。


どうでしょうか。ブリキじゃなくて、ちょっと見アイアンに見えませんか?
壁に取り付けた写真はないのですが、かわいらしさが出てきた感じです。
お金をかけずに、手間をかけるのが我が家のモットーなのでした。。。。。

次は100円しない普通のレンガをちょっとおしゃれに変身させてみました。
これまたアンティークのレンガって買うととっても高いんですよね。
なので、以前雑誌で読んだのを参考にして、手作りしてみました。
タイルを張るときの目地材と木工用ボンド、骨材などを混ぜてレンガの表面に塗っていきます。
少し乾いたら、きりや目打ちで好みの文字を入れて出来上がりです。
主人は非常に楽しそうに作業していました。実際やってみると本当に楽しいらしいです。

 



この写真は出来たばかりのものなので、いまいち味が出ていませんが1週間もすれば少し汚れてきて、そのうちコケなども付いてくるのでアンティークさが増してとても素敵なレンガになります。


もうひとつだけ紹介させてください!!
下の写真は主人が色画用紙で作ったハロウィンの仲間たちです!!
実を言うと去年の使い回しなんですが。。。。。これも節約のうちでしょうか。











買ったものではなく愛情たっぷりの手作り。。。。子供もとても喜びます。



これは最後のおまけ。。。木彫りのウサギです。私結構この後ろ姿にメロメロなんです。






posted by えっちゃん | 14:16 | Kちゃんの手作り | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:16 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://t-ecchan.jugem.jp/trackback/34
トラックバック