Search this site
わが子を見るたびに“神様ありがとう!”と思うのです。本当に幸せな気分にさせてくれます。
娘そして家族との、平凡だけど幸せな日々を綴っています。
<< お手玉遊び | TOP | 秋のスウィーツ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
手作り餃子
 こういう事ってよくありませんか?
先日、スーパーでとっても大きくてお買い得なキャベツがあったので、結構重宝するなと思い買って来ました。
ところが夜になって主人が帰ってくると、知り合いの人からもらったと、大きくて立派な無農薬のキャベツを持ってきたわけなんです。
”えーっ!!いくら重宝するとはいえ、こんなに大きなキャベツ2個は。。。。どうやって消費しようかしらー!!”

と、その日からとにかく毎日キャベツを使う料理を考えました。
まず良くするのがとんかつに添えたりする千切りキャベツ、うちでは昔から母がよくハンバーグにたっぷりと千切りキャベツを添えていました。肉汁とソースとがうまく調和してご飯のおかずにピッタリ。今でも受け継いでやっています。
それから次は、キャベツと豚バラ肉の蒸し煮、ポン酢で食べます。キャベツがすごくいっぱい食べられます。蒸し煮と言ってもキャベツとお肉を皿に交互に重ねて、電子レンジでチンするだけ。簡単なのにおいしいのでこれはおススメ。後はお好み焼きもやりました。
それだけやってもなかなか2玉のキャベツはなくなりません。ロールキャベツもありますが、実はまだ挑戦したことないんですよね!!
後は何があるんだろーと、考え付いたのが餃子です。キャベツたっぷり餃子。今回はそれをご紹介したいと思います。



〈材料〉48個分 *分量はお好みです。大体の目安にしてください。
豚ひき肉200g ・キャベツ400g ・ニラ1束 ・しょうが1かけ ・片栗粉大さじ2 ・餃子の皮48枚
しょう油・酒・ごま油各大さじ2 ・胡椒少々

〈作り方)
1.キャベツはみじん切り、ニラは小口切りにする。しょうがはすりおろす。〈キャベツの水分は切らない〉
2.ひき肉に調味料としょうがのすりおろしを入れよく練る。
3.ニラ、キャベツ、片栗粉を入れてさらに良く練る。
4.皮に包み、フライパンに油をひき熱くなったら、餃子を並べ、小麦粉を薄く溶いたお水を入れて蓋をする。
5.蒸し上がったら、蓋を取って残りの水分を飛ばし、こんがりと焼き色がついたら出来上がり。

お味の方はどちらかと言えばさっぱり系です。
皮に包む前に、お肉を少しフライパンで焼いて味見をした方がいいと思います。薄いと思ったらお醤油を足したり、みそやオイスターソースなど加えたりして自分の味を作ってみてはいかがでしょうか。青ネギを入れてもおいしそう。

たった200グラムのお肉で餃子が50個近く出来てしまうんですよね!うちは子供がまだ小さく1食12個くらいあれば十分なので、残りは冷凍しておけば4食分にもなっちゃいます。
ほんと手作り餃子は家計の味方になってくれますよ。

と、言う訳で次は何にしたらいいでしょうか?我が家の冷蔵庫にはまだもう少しキャベツが残っています。今晩は回鍋肉にでもしてみますか!!






posted by えっちゃん | 11:06 | 節約料理 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 11:06 | - | - | - |
コメント
うちでは餃子を作ると、3人で25個くらい食べちゃうよ。子供、まだ小さいんですけど。きっと、えっちゃんちでは副菜がいっぱい出るのね。うちはおかず少ないからな〜。私の好きなキャベツ料理は、薄切り肉を焼いたのをキャベツの千切りの上に肉汁ごとのせて、レモンしょうゆをかけて食べる、です。おかあさん、やってたよね?
2009/07/12 21:31 by おねえ
そうそうやってたよね!あれは定番だったよね。キャベツがやけにうまかったな。
うちの副菜?グリーンサラダくらいは出るけど、基本的に1品ですよ。かわいそ〜!!それでも足りなかったら納豆とか出しちゃったりするけど。もっと貧乏くさいか〈笑〉
最近Kちゃんもメタボ気味なので、夜は少なめにしています。
2009/07/14 16:28 by いもうと
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://t-ecchan.jugem.jp/trackback/32
トラックバック